ビデオカメラはレンタルした方が絶対お得!ビデオカメラをレンタルしようでは、日本全国対応で、レンタル価格が安く、品揃えが豊富な「レンタル館」での宅配レンタルをお勧めしています。

失敗しない!ビデオカメラの選び方

ビデオカメラを選ぶためのポイントは3つあります。その3つのポイントとは

  • 記録媒体・記録メディア(HDD?SDカード?etc.)の違いを知る
  • 撮影シーン(運動会?結婚式?etc.)に適したビデオカメラを選ぶ
  • 最低限知っておくべき難しい専門用語(ハイビジョンetc.)を理解する

この3つのポイントを押さえて自分にピッタリのビデオカメラを選びましょう。

 まずは、記録媒体・記録メディアの違いを知ろう

媒体HDD(ハードディスク)SDカード
メモリースティック
フラッシュメモリー
mini DVテープ
形・イメージ
(本体に内蔵)
録画時間30GBで約10時間4GBメディアで約40分60分~80分
頭出しできるできるできない
PC取込み簡単(コピペ感覚)簡単1倍速で可。大抵ソフト必要
長所メディア交換不要長時間連続撮影可小型で持ち運び簡単粉塵、衝撃に強い値段が安い。画質がよい
短所PC取込み時にはPCに十分な空き容量が必要振動に弱い容量が大きくなると値段が高い頭出し、巻き戻しが手間。PC取込みが不便
オススメ用途長時間連続撮影。メディア代金の節約旅行など手荷物を小さくしたい時あらゆる用途
対応機種HDD対応ビデオカメラ一覧フラッシュメモリー(SDカード・メモリースティック)対応ビデオカメラ一覧おすすめしません!

 記録メディアは一長一短、迷ったらフラッシュメモリータイプがおすすめ

すべての用途に万能の記録媒体はありませんので、何を優先するかで選ぶことになります

例えば、画質を優先するなら断然miniDVテープにすべきです。(ハイビションを除きます)

PCで保存する前提であればHDD(ハードディスク)かフラッシュメモリー(SDカード,メモリースティック)ビデオカメラが便利でしょう。

また、旅行など持ち運びを前提に考えるならフラッシュメモリー(SDカード,メモリースティック)が軽くてお手頃です。

さらに長時間撮影前提ならHDD(ハードディスク)かフラッシュメモリー(SDカード,メモリースティック)ビデオカメラということになるでしょう。

それぞれの記録媒体にはメリットもデメリットもありますが、はっきりこの媒体がいい、というわけでない人は、迷ったらフラッシュメモリータイプを選ぶことをおすすめします。理由は、スリムで持ち運びやすい小型のカメラなので使い勝手がよく、後での編集も簡単だからです。

撮影シーンに適したビデオカメラを選ぶ

最低限知っておくべき難しい専門用語を理解する

ビデオカメラの機能を表す用語は結構難しいですが、ある程度は自分で理解しておいた方がいいでしょう。

厳選!知っておきたいビデオカメラ基本用語


TOPPAGE  TOP 
RSS2.0